12
1
2
3
4
5
7
9
10
11
13
15
16
17
18
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小晴ちゃん

3
こんばんはつぼみです。

我が家には3匹の可愛い娘たちがいますが
実はさくらとすずの間に
小晴ちゃんという子がいました。
私達夫婦はさくらが非常にかわいくて
こんなかわいい子なら是非もう1ワンを家族に迎え入れたいと言って
さくらを迎えたブリーダーさんから小晴ちゃんを迎え入れました。
さくら似のかわいい子です。5

この子は4匹産まれた子で最後に残った子なんですが
非常にかわいくて一目ぼれ
でも難点があったんです。
最後に残った子だから母親が世話をしすぎて
おなかをなめすぎて皮膚がただれてしまったんです。
私たちが迎えに行った時には治っていましたが
我が家に迎えてから
小晴ちゃんはトイレはわかるものの
ちっちのスタイルをするものの出ない、後ろ足が濡れている。
おしっこ臭い。その繰り返しでした。
抱っこをすると私達の衣服が濡れてしまう。
おかしいと感じた私は間に入ってくれた知人に連絡をして
来ていただいて見てもらうと
「膀胱炎かもしれない」といって自分のかかりつけのお医者さんに診てもらうことにしました。
その日から小晴ちゃんは我が家に戻ってくることはありませんでした。

間に入ってくれた知人は
小晴を預かってくれて膀胱炎のケアをしてくれてお医者さんの処方した薬を飲ませてくれて
ケアをしてくれました、しかし良くならず
さらに詳しい検査で「異所性尿管」であることが分かりました、
純血種に多い先天性異常です。
その結果ブリーダーさんは小晴を返してほしいと・・・
私たちは共働きで十分に小晴にケアをしてあげられることはできない状態でした、でも悩みました
もし返したら小晴はどうなるのか?
命を絶たれることがあるのなら返したくないと思いましたが。
体が大きくなり手術ができるようになったらこの問題は解消されるのに
24時間小晴についてケアしてあげられる人でないと
かえって腎盂腎炎、腎不全になって短命で終わってしまうと説得され
泣く泣く返すことにしました。
今でも小晴ちゃんの写真を見ると涙が出ます。2
ゴメンネ、家で幸せにしてあげられなくて。

小晴を幸せにしてくれる家族ができたと
ブリーダーさんから電話で聞きました、内心複雑でした。
一度は「幸せにするから」と言って
迎え入れた子を手放すことになった罪悪感、自分の無力さに情けなくなり
涙が止まりませんでした。
今小晴は幸せなんだろうか 
絶対幸せだと思いたい、幸せなはず・・・小晴1
6

もう小晴のときみたいなことが起こらないように
早くどっちかが家でお仕事をするようにしなきゃね4

7

お母さん小晴の事忘れないよ~

今日写真の整理をして
見つけた小晴の写真、
少しの間だけど我が家の子として私にいろんなことを教えてくれた小晴をご紹介させていただきました。

プロフィール

あすさmamaのつぼみ

Author:あすさmamaのつぼみ
こんにちは、あすさみの日々へようこそ~
おいしいものが好き、楽しいことが好き、あすさ達との生活が大好き。
おいしくって、楽しいことを綴っていきたいと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。